乳腺量が減るのは当たり前です

わたしのバストは、正面から見ると普通サイズというか大きくもないけど小さくもないだろうと感じます。しかし横から見るととても薄いのです。バストが薄いというのはハリが足りなくてこんもりしていない様子を言います。若いときのバストはハリがあったので横から見てみるときれいな盛り上がりがありました。そのきれいな盛り上がりは今はないのです。

ホルモン量と乳腺量が減っているのだから当たり前の現象ですがやっぱり少し寂しいですね・・・。それでもまだまだ女性だと意識してますからカラダ磨きは怠りません。カラダ磨きはエステに通うのではなくて栄養が高いものを良い状態で食べることです。エステに通ってキレイになるなんて幻想です。中年女性はエステに救いの手を差し伸べてもらわず、栄養価の高いものを毎日欠かさず食べ良い睡眠を取れば老化スピードを遅らせることが出来ます。

わたしは年齢的にバストが薄くなるのは当たり前のことで不健康でもなければ病気でもないことを知っています。二年に1度の乳がん検診では、乳腺量は減ってきているけれどまたく異常なしと医師から太鼓判を押されています。あまりクヨクヨせず今できることをコツコツと続ければ良いのでしょう。